県立幡多看護専門学校

県立幡多看護専門学校

  • 看護学科

あなたの力を待っている人たちがいます。一緒にこのHATAKANで学びましょう。

学校種別 専修学校・各種学校
住所 高知県宿毛市山奈町芳奈3-2
電話番号 0880-66-2525
※お問い合わせの際は「みんなの看護学校」を見ましたとお伝えください。
WEB https://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/130122/
アクセス

看護学科

学部・学科・専攻名 看護学科
課程種別 昼間部3年課程
修業年限 3年
目指す資格 看護師

県立幡多看護専門学校の口コミ評価

ユーザーの評価2件
3.6
講義・授業
4.0
教員・講師
2.5
アクセス・立地
2.5
施設・設備
4.0
国家試験
5.0

口コミを書く

ニックネーム*
性別* 男性 女性
学部・学科*  について
レビュー内容*  のレビュー
立場*
レビュー見出し*
レビュー詳細* ※口コミは良い点と気になる点の両方を記載してください。
評価* 講義・授業:
教員・講師:
アクセス・立地:
施設・設備:
国家試験:
画像
画像の投稿

※最大5枚までアップロードができます。形式はjpg、またはpng形式のみです。※1画像につき最大500kBまでの画像ファイルをアップロードできます(500kBを超えた画像は自動的に圧縮されます)。※無断で他人の撮影した画像をアップロードすることは著作権侵害にあたります。※人物が移っている写真は必ず本人に掲載許可を取ってください。

※口コミは良い点と気になる点の両方を記載してください。
特定、不特定に関わらず、他のレビュアーに対しての非難・中傷・嘲笑はご遠慮下さい。
またに具体性が乏しかったり、事実関係の確認が困難な非難・中傷・嘲笑も同様です。
当サイトが悪質だと判断した場合は削除する場合もございますのでご注意下さい。
可能な限り、「他の人が読んで参考になること」を心がけ、具体的に記述するようお願い致します。

2件中 1~2件を表示/1ページ目
並び替え

秘密
(女性)
在校生

あまりお勧めはしません

県立幡多看護専門学校(看護学科)の学校生活に関するレビュー
2.8
  • 講義・授業3
  • 教員・講師1
  • アクセス・立地2
  • 施設・設備3
  • 国家試験5

良い点
・毎年国家試験合格率100%であることや就職率、進学率合わせて100%であること、学費が安いのはメリットであると思います。

気になる点
決して誹謗中傷ではありません。事実のみ記載します。
先生には問題があると思います。
全員の先生ではありませんが、好きな生徒・嫌いな生徒に対しての態度が見て分かります。実際にはないと信じたいのですが、その先生にが実習の担当教員になったら好きか嫌いかで点数をつけているとかいないとかいう噂があります。火の気のないところに煙などたちません。もちろんほとんどの先生は良い先生ばかりです。たとえば、実習調整の先生は褒めて伸ばしてくれます。また母性担当の先生も分からないことに対しての答えは教えてくれませんが分かりやすく説明をし答えを導いてくれてとても勉強になります。しかし中には、実習中、目を付けられるとしつこくまとわりつき追いつめる先生もいるという噂もあります。そのような先生がいると生徒のやる気をそぐことにつながります。そう言った事実か噂かわかりませんが入学希望者は是非在校生に知り合いがいれば事実確認をしたうえでその教育方針に納得したうえで入学をおすすめします。


(女性)
卒業生

生徒が主体となり学級を作る看護学校。

県立幡多看護専門学校(看護学科)の学校生活に関するレビュー
4.4
  • 講義・授業5
  • 教員・講師4
  • アクセス・立地3
  • 施設・設備5
  • 国家試験5

この学校は、幡多けんみん病院の附属である看護学校で、授業も幡多けんみん病院の現役のお医者さんや看護師さんから受けることができます。

○入学してわかったことで印象に強く残ったところがあります。それは、クラス運営を学生が主体となって行う事。小学校~高校のように、クラスの中で各自が役割を振りわけ、行事の仕事やクラスの仕事を分担します。更に特殊なのは、その役割分担については、教師からではなく、2年生から示唆をうけること。つまり、学生が主体となって仕事を決定しているため、教師が把握していない内容が多いところです。

○ここの学校は、2年生からハードですが、1年生のうちは時間的に余裕があります。その1年生のうちに、上級生と集まってゲームをしたり、アドバイスを受けたりする行事もあり、先生も話しやすいので、アットホームな雰囲気を構築しやすいところが長所だと思います。

○これから入学を検討される方に一番気をつけておいてほしい事は、文字を手書きで早く書くことに慣れておくことと、生活リズムを自分で管理できるスキルがとても重要だということ。
3年生までのステップでは、実習が大きな役割を持っています。この実習については、事前の学習内容や資料などもチェックをうけますし、実習中には、朝から夕方までの時間の拘束の後、家に帰ってからも復習と課題が待ち受けており、患者さんに関わる提出物は全て手書きの必要があるため、書き上げるのに時間がかかると睡眠時間が確保できません。
睡眠時間がとれないと、翌日の実習の際にミスや看護師さんの質問に頭がまわらない、患者さんの様子を観察できないなどの悪循環となりやすいので、あらかじめ身に着けておいてください。

○実習場所が県立けんみん病院ですが、こちらはとてもきれいで、設備も整っており、学べる事が沢山あります。
実習の際は現役の看護師さんが、仕事の傍ら学生を指導してくれるため、現場の雰囲気がリアルに体感できます。ただ、看護師さんは普段忙しい中を追加で学生を教えるという立場になっているためきつくあたられることもありました。これについては、学生からアンケートをとり、該当の看護師を把握し、仕事内容の軽減などについて今後の対処策をとるなどといった改善をしてほしかったと思います。

○こちらの看護学校に入ってみて、今までの学校と大きく異なり混乱した部分があります。それは、教育のカリキュラムは用意されていても、生徒指導のノウハウやシステムが確立されていないこと。クラスの先生も、もともと看護師さんで、『教育心理学』は学んでいません。そのうえで生徒を教えるという未知の仕事を振り当てられているため、若い先生では先生自身に不安を抱えている方もいます。ですので、学校生活の中では、同級生や先生方、お互いを支えあう、という目線を持って学校を楽しんでほしいと思います。

○また、周辺の施設につきましては、アパートがいくつかあり、コンビニと、スーパー、ガソリンスタンド、薬局、工業高校があります。スーパーは6時ごろの閉店ですが、実習から帰宅できる時間にはスーパーは閉店しています。ですので、休みの日には食材の買い出しに行くことをお勧めします。家族の協力が得られるようであれば、そうした不便をチェックリスト化して共有できれば、3年間を輝くものにできると思います