広島市立看護専門学校

広島市立看護専門学校

  • 第一看護学科
  • 第二看護学科
学校種別 専修学校・各種学校
住所 広島県広島市中区富士見町11-27
電話番号 082-243-6146
※お問い合わせの際は「みんなの看護学校」を見ましたとお伝えください。
WEB http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/genre/0000000000000/1110459090602/
アクセス

第一看護学科

学部・学科・専攻名 第一看護学科
課程種別 昼間部3年課程
修業年限 3年
目指す資格 看護師

第二看護学科

学部・学科・専攻名 第二看護学科
課程種別 2年進学課程(定時制)
修業年限 3年
目指す資格 看護師

広島市立看護専門学校の口コミ評価

ユーザーの評価3件
2.9
講義・授業
2.3
教員・講師
2.7
アクセス・立地
3.7
施設・設備
2.7
国家試験
3.3

口コミを書く

ニックネーム*
性別* 男性 女性
学部・学科*  について
レビュー内容*  のレビュー
立場*
レビュー見出し*
レビュー詳細* ※口コミは良い点と気になる点の両方を記載してください。
評価* 講義・授業:
教員・講師:
アクセス・立地:
施設・設備:
国家試験:
画像
画像の投稿

※最大5枚までアップロードができます。形式はjpg、またはpng形式のみです。※1画像につき最大500kBまでの画像ファイルをアップロードできます(500kBを超えた画像は自動的に圧縮されます)。※無断で他人の撮影した画像をアップロードすることは著作権侵害にあたります。※人物が移っている写真は必ず本人に掲載許可を取ってください。

※口コミは良い点と気になる点の両方を記載してください。
特定、不特定に関わらず、他のレビュアーに対しての非難・中傷・嘲笑はご遠慮下さい。
またに具体性が乏しかったり、事実関係の確認が困難な非難・中傷・嘲笑も同様です。
当サイトが悪質だと判断した場合は削除する場合もございますのでご注意下さい。
可能な限り、「他の人が読んで参考になること」を心がけ、具体的に記述するようお願い致します。

3件中 1~3件を表示/1ページ目
並び替え

匿名
(女性)
卒業生

この学校に通って良かった

広島市立看護専門学校(第一看護学科)の学校生活に関するレビュー
4.6
  • 講義・授業4
  • 教員・講師5
  • アクセス・立地5
  • 施設・設備4
  • 国家試験5

卒業生ですが、他の方達は個人的に何か問題があったのではないか?と思ってしまうほどの内容に感じます。

●良い点
・教師の質は悪くないと思います。他の看護学校/大学はわかりませんが、若い先生も多く、授業の内容に不満がないとは言いませんが色々工夫して教えてくれる先生が多くいました。
・卒業してからも先生に会いたくて学校に行くこともあります。臨床の悩みもたくさん聞いてくれますし、心強いですよ。
・実習は大変です。記録もたくさんありますし、睡眠時間を削られながら実習に通ったりしていました。しかし、1グループに1人先生が付きっきりで見てくださいますし、記録の指導もしっかりとしてくださいます。病院側も指導者をつけてしっかりと見てくれます。就職してから他の大学の話を聞くと、先生はラウンドしかしない、記録も最低限しかやっていない、指導者がついて見てもらうことはないなど聞き驚きました。手厚い分、きつい時もありますが、必ず力になると思います。
・勉強の質問も何回もしに行きましたが、他の方が言われたような、邪険にされたり怒られたことはありません。聞きにくい先生なら、他の聞きやすい先生に聞けば良いだけの話です。聞いたら一緒に調べてくれたり、資料を見せてくれたり、臨床を交えながら教えてくれる先生がたくさんいましたよ。職員室も入りやすい雰囲気です。頭の良くない子にも何度も説明してくれていました。
・年齢層が広い。社会人経験者もたくさんいます。現役も社会人経験者を慕っており、皆仲の良い雰囲気です。

●気になる点
・3年間という短さ、実習がたくさんあることからもやはりとても忙しいです。
厳しいことも多いですが、臨床に出てみると病院の看護師も厳しいので(優しいところもありますが)厳しい先輩の乗り越え方もわかっていきます。
就職活動の時期(7月後半~)も実習や卒業論文のようなものと被るので大変でしたが、添削してもらおうと思ったらしてもらえます。系列病院に就職する人が多くいました。
3年生の冬まで実習があるので、大学生のように1年ゆったり勉強すればよいという猶予はありません。しかし、日頃の勉強や厳しい実習の中で多くのことを学ぶのでそれを生かしながら勉強すれば十分です。
・途中で脱落(留年・最悪退学)する学生も何人かいましたが、突然学校や実習に来なくなったようなその人自身の問題での脱落ばかりです。国家試験に落ちそうだから(合格率上げるために)留年させようなどは全くありません。先生たちも留年しないようサポートしてくれます。

まとめとして、広島で看護師になりたいのなら、
・保健師・助産師免許がとりたい→大学に行きましょう(専門卒で保健師や助産師の学校へ編入するのは狭き門です、特に広島では環境が少ないです)
・国立大に入学できる能力がある→国立大がんばりましょう
・将来管理職(師長、部長クラス)まで上り詰めたい→大卒のほうが有利でしょう(主任・副師長クラスであれば専門卒もいます)
・お金がない→私立大学で毎年何百万円の授業料を払うより、市看の激安授業料で学んで卒業するのも良いです。就職して給料に少し差があっても、授業料何百万円の差を埋めるのは時間がかかりますよ。
・大学生ライフを楽しみたい→大学に行きましょう。大卒に話を聞くと「授業きりまくって休んでた~」と言う人もいますが、市看では病気以外で休めません(本来は当然なのですが…)
・絶対に就職したい病院がある→その系列の学校があるならその学校のほうが良いかもしれません。実習で行って雰囲気を確かめられたり、就職も有利になるかもしれません。
・関西や東京で就職した友人も多数います。

広島には良い私立看護大学が少ないです。
実習や授業が楽チンでも、臨床に出たらそうは言っていられないことが多いです。やったことない、聞いたことない、記録の仕方がわからないも、臨床では学生時代勉強してきたでしょうと言われます。市看で教えられてきたことは日々生かされていますよ。


ここの書き込みは批判的なものが多く驚きましたが、私はもう一度入学するとしても国立大看護学科かここの専門学校にすると思います。

匿名希望
(女性)
卒業生

学歴から消したい

広島市立看護専門学校(第一看護学科)の学校生活に関するレビュー
1.4
  • 講義・授業1
  • 教員・講師1
  • アクセス・立地3
  • 施設・設備1
  • 国家試験1

■良い点
・卒業まで生きていられたら看護師免許が取れる可能性がある

■気になる点
・人間が嫌いになる
・常体化している教員や看護師のモラハラ/アカハラ
・学費は安いが、事前に案内のない強制購入品が多量にあり、使わないまま卒業したものも多い(教科書は全く使ってないものが数万円分)本当にカツカツな人や無駄な出費が精神的にキツイ人には高い
・教員の質が低い。知識・教養・人格全てにおいて平均すると稚拙。勿論良い教員も居るが、ごく少ない上に選べない。

 他の方も言う通り、多少無理をしてでも大学に行った方がいいです。幸い看護師は就職が良いので、奨学金の返還は他に比べて断然有利です。


■講義・授業:看護教員の看護学や教育学に対する理解度がとても低いので、授業の質がかなり悪い。授業プリントは中学生向け。実習は、そもそも教員が実習ペースについていけていないことが多く、明らかに疲れてイライラしていて八つ当たりもされやすい。採点理由を明確にし辛い作文系の課題は、理由の説明なく減点され抗議は受け入れられないため、モヤモヤする。「あまりに出来が良い。ネットから写したのだろう」などと証拠もない言いがかりを付けられた学生もいる。
 病理系や薬学等の専門的な科目は外部の専門家が授業に来るのでマシ。が、学校の程度に合わせて難易度を下げた授業をされるので面白くはない。質問をした時に怒らずに説明してくれるので、勉強は安心して出来る。

■教員・講師:看護教員や指導看護師の質は悪すぎて★1つどころかマイナス。自然数しか付けられないので仕方なく★1にしました。
 看護学や教育学に関する理解度が低く、議論が出来る教養がない上、日本語の作文も不得意な方がおり、資料やテストの問題が読解出来ないことがある。「美しき水車小屋の乙女」のような、「美しい」が水車小屋の話なのか乙女なのかわからないような文章を提示されるが、質問しても教員はそもそもの国語力が低く、その文章で万人に伝わるはずだと思いこんでいるので、何故理解できないのかと問答に。看護学以前の、子供の頃に受けた国語教育の問題なだけに認められ難く、訂正はされないのでテストだとカンが外れれば失点。
 「質問をされた=馬鹿にされた」という発想や、腹が立てば仕返しにアカハラやモラハラをしても良いと本気で思っている教員がおり、同時にハラスメントに抗議出来ない学生も多いので、在学中は何をされるかわからず落ち着いて勉強出来なかった。
 実技試験は教員によって採点基準が異なるので運の要素が強く、どんなに練習しても不安が拭えない。技術よりも試験担当が誰になるのかの方が不安。常に揚げ足を取られ褒められる事は滅多にない為、合格しても自信をもつ学生は滅多に居ない。採点基準を一定にしようと務める教員も居るが、これを受け入れられない教員が多い。
 提出物の内容の不備を指摘された為、該当の教科書の部分を提示し正しいことを訴えるも、「教科書が間違っている。私は間違ってない。黙って従うべき。反抗するなら帰れ。アンタなんかみんなから嫌われてるんだからね」と感情的になる。教員がそう言い張ればそういう設定で話を進めないと単位が貰えない。学業ではない。
 授業に際して教材をコピーで集めさせ、教科書をNGとする教員が多く、何故かと伺うと「きょうかしょは、むずかしいことばでかいてあって、よんでもよくわからんけえ、いろや、いらすとがいっぱいつかってある、みためがわかりやすいやつじゃないと、べんきょうできんでしょ?」と、コピー代3年間で2万円程度。
 唯一良かったのが母性で、先生方の知識が深く理論的に説明しようと努めて下さいます。ちゃんと相談にのって頂けますし、質問には怒りではなく、道筋を提示して貰えます。

■アクセス・立地:市街地に近いのですが、毎日通うには微妙な立地。自転車が選択肢にはいってきます。学生用の駐輪場は登録制ですが、無料で申請者全員許可がおります。バイクも可。車は不可。

■施設・設備:学校自体が小さいので、学内設備も小規模。払っている学費の金額にしては良い。最低限の演習は可能なので問題なし。
 実習先が地元の有名病院だが、実習環境も就業環境も悪い。実習担当の看護師に対しても通常業務を振っている事が多く、明らかに無理をさせて個人の責任としているなど、実習受け入れに対する病院の協力体制が出来ていない。実習により就業も同じ病院へ、という意図があるそうだが、逆に避ける学生を増やしている。

■国家試験:入試偏差値が高いので、国試に受かりやすい人が入学しているだけ。学校の行う国試対策は非効率で論理的でない。片っ端から模試を受けさせ、大量の問題集を買わせているが効果薄い。
 全員合格を目標に掲げているが、「前回9割以上だった人が○○人居たのに、今回は■■人に減ったから、該当の人は頑張るように」と上位者を叱責。目標に対して、国試の合格条件等を理解していない全くの無意味な指摘ですが、これが国試に対する学校の姿勢と能力です。
 学生同士の協力はとてもしやすく合格率上昇に貢献していますが、その環境は大学にもあります。

匿名
(女性)
在校生

頭の良い人にはオススメしません

広島市立看護専門学校(第一看護学科)のその他に関するレビュー
2.8
  • 講義・授業2
  • 教員・講師2
  • アクセス・立地3
  • 施設・設備3
  • 国家試験4

良い点
学費が安い。
社会人が多く、多様性がある。
図書室には毎月新しい雑誌が入ってくる。
病院や大学の先生が講義をする事もあり、専門的な話がきける。

悪い点
全員ではないが、教員の質には期待できない。いろんな意味で頭が悪い。
全体的に幼稚。


ただ、他校のように、留年率が4割とか、そういう事はなかった。
学生同士は、結束も固く、良い人が多かったと思う。ただ授業中うるさかったり寝ている人も結構いた。
大卒の社会人も多く、大人な人が多かった。

ちなみに、看護専門学校の講義は、大学を経験した人からすると、開いた口がふさがらないようなものも数多くあった。

これだけ大学が出来ている今、学費を安く抑えたい、免許さえ取れればいい、という理由があるなら仕方ないが、きちんと看護を学んで看護師を一生の仕事にするのであれば、大学の看護学部へ行く事をオススメしたい。