国立大学法人 三重大学

国立大学法人 三重大学

  • 医学部 看護学科

波の音が聞こえるほど海に近く、豊かな緑に囲まれた広大なキャンパス

三重大学は、5つの学部がひとつのキャンパスに集まっています。看護学科の校舎は2000年11月に建て替えられ、最新の情報ネットワーク設備や教育機器がそろっています。また、校舎の中にはミニコンサートなどができる「緑と水のラウンジ」をコンセプトにした憩いのスペースもあります。

大学での4年間は、看護について学ぶのはもちろんのこと、共通教育やクラブ活動を通して他学部生との交流を深めたり、臨地実習やボランティア活動に取り組むことにより、 社会人としてさらに成長できることでしょう。

また、2002年度には看護学専攻の修士課程が設置され、学部生活に引き続き、同キャンパスでより高度な専門性を学ぶこともできます。

学校種別 大学
住所 三重県津市江戸橋2-174
電話番号 059-232-1111
※お問い合わせの際は「みんなの看護学校」を見ましたとお伝えください。
WEB http://www.mie-u.ac.jp/
アクセス

医学部 看護学科

学部・学科・専攻名 医学部 看護学科
課程種別 大学
修業年限 4年
目指す資格 看護師・保健師(選択制)・助産師(選択制)

国立大学法人 三重大学の口コミ評価

ユーザーの評価3件
4.7
講義・授業
5.0
教員・講師
5.0
アクセス・立地
3.7
施設・設備
5.0
国家試験
5.0

口コミを書く

ニックネーム*
性別* 男性 女性
学部・学科*  について
レビュー内容*  のレビュー
立場*
レビュー見出し*
レビュー詳細* ※口コミは良い点と気になる点の両方を記載してください。
評価* 講義・授業:
教員・講師:
アクセス・立地:
施設・設備:
国家試験:
画像
画像の投稿

※最大5枚までアップロードができます。形式はjpg、またはpng形式のみです。※1画像につき最大500kBまでの画像ファイルをアップロードできます(500kBを超えた画像は自動的に圧縮されます)。※無断で他人の撮影した画像をアップロードすることは著作権侵害にあたります。※人物が移っている写真は必ず本人に掲載許可を取ってください。

※口コミは良い点と気になる点の両方を記載してください。
特定、不特定に関わらず、他のレビュアーに対しての非難・中傷・嘲笑はご遠慮下さい。
またに具体性が乏しかったり、事実関係の確認が困難な非難・中傷・嘲笑も同様です。
当サイトが悪質だと判断した場合は削除する場合もございますのでご注意下さい。
可能な限り、「他の人が読んで参考になること」を心がけ、具体的に記述するようお願い致します。

3件中 1~3件を表示/1ページ目
並び替え

みえたろう
(男性)
卒業生

医学部附属病院での研修

国立大学法人 三重大学(医学部 看護学科)の学校生活に関するレビュー
4.8
  • 講義・授業5
  • 教員・講師5
  • アクセス・立地4
  • 施設・設備5
  • 国家試験5

私が三重大学看護学科在学中の一番の思い出、というよりは一番大変に感じたのは、何と言っても附属病院での研修でした。
移乗訓練にはじまり、膀胱カテーテルや輸液に採血と、生身の人と人が向き合う真剣な研修でした。
上手くできず、悔しかったり、情けなかったり、本当に色々な思いを抱きましたが、あの時の、県内でもトップレベルの研修があったから、今があるのだと思います。
若いときの努力は必ず報われる、と今更ながら痛感しています。

よしき
(男性)
卒業生

三重大学医学部看護学科の受験について

国立大学法人 三重大学(医学部 看護学科)の受験に関するレビュー
4.6
  • 講義・授業5
  • 教員・講師5
  • アクセス・立地3
  • 施設・設備5
  • 国家試験5

私は三重大学医学部看護学科卒業しました。
数多くある、看護大学や看護専門学校の中でも、国立であり県内最難関事件は決して甘いものではありませんでした。
高校生の時の私は地域でトップの進学校に通っていましたが、その中では成績はかなり下の方で学力も高くありませんでした。
受験にあたり私が1番優先したことは、主要5科目の基礎的な勉強広く満遍なくするように心がけたことです。
センター試験の比率が非常に高く2次試験は面接のウエイトが大きくとられます。
ですのでセンター試験で平均以上の点を取り、面接でいかに熱意を伝えるかというのが大切だと思います。

くうが
(男性)
卒業生

努力して本当に良かった

国立大学法人 三重大学(医学部 看護学科)の学校生活に関するレビュー
4.8
  • 講義・授業5
  • 教員・講師5
  • アクセス・立地4
  • 施設・設備5
  • 国家試験5

高校時代、三重県内の看護学科に進学する進路決定をしました。
県内には本学をはじめ公立、私立の看護科が複数ありますが、本学が最難関となっています。
勉強は大変でしたが、努力して合格・卒業でき本当に良かったなと思っています。
まずは、やはり学費、家庭の事情で学費はほぼ全額奨学金でしたが、私立に進学した場合の学費はかなり高額で、その場合、就職後の生活を相当圧迫していたと思います。
そして、何よりも県内トップレベルの環境(施設や講義内容)で学ぶことができ、現場出てからも、その経験は非常に有効で、また、周りからの信頼も高いです。