独立行政法人国立病院機構 千葉医療センター附属 千葉看護学校

独立行政法人国立病院機構 千葉医療センター附属 千葉看護学校

  • 看護科
学校種別 専修学校・各種学校
住所 〒260-0042 千葉県千葉市中央区椿森4丁目2−1
電話番号 043-251-6695
※お問い合わせの際は「みんなの看護学校」を見ましたとお伝えください。
WEB http://chiba-kango.sakura.ne.jp/
アクセス JR千葉駅または京成千葉駅より約18分

看護科

学部・学科・専攻名 看護科
課程種別 昼間部3年課程
修業年限 3年
目指す資格 看護師

独立行政法人国立病院機構 千葉医療センター附属 千葉看護学校の口コミ評価

ユーザーの評価3件
3.3
講義・授業
3.3
教員・講師
2.7
アクセス・立地
3.0
施設・設備
3.7
国家試験
3.7

口コミを書く

ニックネーム*
性別* 男性 女性
学部・学科*  について
レビュー内容*  のレビュー
立場*
レビュー見出し*
レビュー詳細* ※口コミは良い点と気になる点の両方を記載してください。
評価* 講義・授業:
教員・講師:
アクセス・立地:
施設・設備:
国家試験:
画像
画像の投稿

※最大5枚までアップロードができます。形式はjpg、またはpng形式のみです。※1画像につき最大500kBまでの画像ファイルをアップロードできます(500kBを超えた画像は自動的に圧縮されます)。※無断で他人の撮影した画像をアップロードすることは著作権侵害にあたります。※人物が移っている写真は必ず本人に掲載許可を取ってください。

※口コミは良い点と気になる点の両方を記載してください。
特定、不特定に関わらず、他のレビュアーに対しての非難・中傷・嘲笑はご遠慮下さい。
またに具体性が乏しかったり、事実関係の確認が困難な非難・中傷・嘲笑も同様です。
当サイトが悪質だと判断した場合は削除する場合もございますのでご注意下さい。
可能な限り、「他の人が読んで参考になること」を心がけ、具体的に記述するようお願い致します。

3件中 1~3件を表示/1ページ目
並び替え

LULU
(女性)
卒業生

卒業しました

独立行政法人国立病院機構 千葉医療センター附属 千葉看護学校(看護科)の学校生活に関するレビュー
5.0
  • 講義・授業5
  • 教員・講師5
  • アクセス・立地5
  • 施設・設備5
  • 国家試験5

卒業生です。
3年間苦しかったけど、学年で支え合いながら卒業を迎えました。
口コミで母校がこんなにボロボロに言われるのはとても悲しいです。感じ方は人それぞれ。私はこの学校で良かったと思っています。
自分の思う通りにならないこと、好きにやらせてもらえないことは多々あります。しかし、それは学生、教員で話し合いながら決定してきました。時間がないから、充分話し合いができたとは言い切れませんが…
実習は臨床の第一線で活躍している指導者がつくので、厳しいけど憧れます。講義をしてくれた人が指導者になるので、親近感があります。
これから学校を考えてる人、いろいろ情報収集してくださいね。

MC
(女性)
卒業生

良い学校とはいえませんでした

独立行政法人国立病院機構 千葉医療センター附属 千葉看護学校(看護科)の学校生活に関するレビュー
2.4
  • 講義・授業3
  • 教員・講師1
  • アクセス・立地2
  • 施設・設備3
  • 国家試験3

教員がとにかく酷いです。教員のインシデントも学生に押し付けてきます。また、しきたりを押し付けてきて、今までと違うことをしようとすると、学校の決まりと言って制圧してきます。最終的には、学生みんなで決めたことだから、と決めていないのに責任逃れをしてきます。
行事を休むと呼び出してきたりしますし、こちらの意見は基本、聞いてくれません。教員同士のいじめのようなものも、よく目につきます。おかげで授業中に気まずいことも。わかりやすい先生はわかりやすいとだけ言っておきます。
何においてもムダが多いです。学生のお金事情も把握してくれません。オススメしません。
離れたくなり、附属以外に就職しようとすると、上の教員と話し合わねばなりません。そしてここでもこちらの意見は聞いてくれません。粘るしかありません。
逃げたくなった時にはもう遅い、という言葉がそのままな学生生活でした。


(女性)
卒業生

おすすめはしません

独立行政法人国立病院機構 千葉医療センター附属 千葉看護学校(看護科)の学校生活に関するレビュー
2.4
  • 講義・授業2
  • 教員・講師2
  • アクセス・立地2
  • 施設・設備3
  • 国家試験3

とにかく、無駄が多いです。
入学式などの準備は、毎年やっているはずなのに教員がバタバタし、しかも教員によって指示が違うので一度並べた椅子の並べ直しは毎度のことです。また、準備や片付けは学年全員が参加なので、やることに対して人が多く、無駄な上にやる人とやらない人の差ができて、ギスギスします。
文化祭や研究会などいろいろなイベントがありますが、全て強制参加です。参加に費用がかかるものも多いです。イベントの欠席は許しませんと、何をどう許さないのか、謎の圧力をかけてきます。
文化祭、卒業アルバムなど、とりあえずは学生にやらせますが、後から上の方針ですと言って白紙に戻されるので、ストレスがたまります。
教員は、生徒に何かを頼むときには感じが良いのですが、こちらが頼むと責任逃れに必死で、とても冷たいです(全員ではないですが)。
授業は医師、看護師、教員、大学教授のOBが行います。医師は説明が丁寧で分かりやすいです。看護師は教科書の音読だけです。教員は個人に任されているらしく、差が激しいです。大学教授のOBが行う解剖生理学は、図も使わずにマシンガントークをする授業なので、全く理解できないと思います。
自分の代では、卒業させないような圧力はありませんでした。逆に発達障害や精神障害を疑われるような同級生も卒業しています。先生も気がついているのに、黙殺して看護師にしてしまいます。これらの方々と実習グループや演習が一緒になると、勉強に集中できません。また、グループの責任にされるのでストレスがたまります。
就職は、国立機構以外に就職する人は偉い教員と何度も面談します。面談担当の教員が納得しない限り就職試験に必要な書類は出してもらえません。
3年間という期限つきの辛抱だと思って耐えられれば、卒業は出来ます。
他にも、ここには書けないようなことがたくさんあります。
何とか卒業はしましたが、もう少し頑張って大学に行けば良かったと後悔しています。