東京山手メディカルセンター附属看護専門学校

東京山手メディカルセンター附属看護専門学校

  • 看護科

少人数制とマンツーマン指導で未来のエキスパートを育てます

本校は約60年の歴史をもつ看護専門学校です。1学年30人という少人数制のメリットを活かし、学生一人ひとりの個性を尊重したきめ細やかな指導のもと、知識・技術・態度をバランスよく備えた実践力のある看護師の育成を行っています。
とくに臨地実習は、母体である東京山手メディカルセンターでの実習が中心となるため、学習環境は抜群。卒業生の多くが就職して活躍しています。また全国には関連病院や研修センターもあり、地元での再就職やキャリアアップ体制も万全。学生生活を支援する学生寮や奨学金制度があります。
患者さんをはじめ様々な「人」と関わりあいながら自分自身を高めていくことのできる看護の仕事。3年後の「なりたい自分」を目指して、私たちとともに学んでいきませんか?

■定員
 30名(共学)

■学費(2014年4月入学生)
 ・入学金:200,000円
 ・授業料:400,000円
 ・その他:約200,000円(教科書代等)
 ・受験料:20,000円

■倍率(13年)
 ・推薦:3.0倍
 ・社会人:2.6倍
 ・一般一次:2.9倍

学校種別 専修学校・各種学校
住所 東京都新宿区百人町3-22-8
電話番号 03-3364-1565
※お問い合わせの際は「みんなの看護学校」を見ましたとお伝えください。
WEB http://yamate.jcho.go.jp/kango/
アクセス JR山手線「新大久保」駅より徒歩5分

看護科

学部・学科・専攻名 看護科
課程種別 昼間部3年課程
修業年限 3年
目指す資格 看護師

東京山手メディカルセンター附属看護専門学校の口コミ評価

ユーザーの評価15件
2.3
講義・授業
2.0
教員・講師
1.7
アクセス・立地
3.2
施設・設備
2.1
国家試験
2.6

口コミを書く

ニックネーム*
性別* 男性 女性
学部・学科*  について
レビュー内容*  のレビュー
立場*
レビュー見出し*
レビュー詳細* ※口コミは良い点と気になる点の両方を記載してください。
評価* 講義・授業:
教員・講師:
アクセス・立地:
施設・設備:
国家試験:
画像
画像の投稿

※最大5枚までアップロードができます。形式はjpg、またはpng形式のみです。※1画像につき最大500kBまでの画像ファイルをアップロードできます(500kBを超えた画像は自動的に圧縮されます)。※無断で他人の撮影した画像をアップロードすることは著作権侵害にあたります。※人物が移っている写真は必ず本人に掲載許可を取ってください。

※口コミは良い点と気になる点の両方を記載してください。
特定、不特定に関わらず、他のレビュアーに対しての非難・中傷・嘲笑はご遠慮下さい。
またに具体性が乏しかったり、事実関係の確認が困難な非難・中傷・嘲笑も同様です。
当サイトが悪質だと判断した場合は削除する場合もございますのでご注意下さい。
可能な限り、「他の人が読んで参考になること」を心がけ、具体的に記述するようお願い致します。

15件中 1~10件を表示/1ページ目
並び替え

どんどん
(女性)
卒業生

入学するな

東京山手メディカルセンター附属看護専門学校(看護科)の学校生活に関するレビュー
1.4
  • 講義・授業1
  • 教員・講師1
  • アクセス・立地3
  • 施設・設備1
  • 国家試験1

よくない口コミが前までたくさんあったのに、消されてますね。
いいところなんて駅近と実習病院が近いことくらいでしょう。
アカハラあるし、とんでもない学校です。
こんな学校なんて入学しないでほしい。

在学生1年
(女性)
在校生

信じるか信じないかはあなた次第

東京山手メディカルセンター附属看護専門学校(看護科)の学校生活に関するレビュー
4.2
  • 講義・授業4
  • 教員・講師4
  • アクセス・立地5
  • 施設・設備3
  • 国家試験5

この学校はキツイです。
最初は先生も怖く厳しくて嫌だと思っていました。
しかし、学校生活を送っていくにつれて厳しくも正しい教育をしてもらっていると思いました。
厳しい言葉をなげかけられても結局は何度も学生に付き合って練習をしてくれたり、一緒に考え何度も教えてくれたりすごくいい学校だと私は思っています。

確かに厳しいと感じることは多いし、やめていく人もたくさんいます。
しかし、私がこの学校の教育は間違っていないと感じたのは実習で患者さんに一年生に見えないくらい立派ね。と言われた時です。

すごく言葉遣い、先生に対する態度そういったものに厳しい学校です。
しかし、知らない先輩たちも優しく声をかけてくれたり、色んなことを教えてくれるそんな素晴らしい先輩方です。

厳しいのはどの看護学校も一緒です。
ただそんな中でこの学校は厳しいから理不尽だと逃げるのかそれをプラスにとり頑張るか
学校のせいではありません。自分の心の持ちようだと思います。

ぜひ、この学校に来てください。
私もあと三年間頑張ります(^ ^)まってます!

くーさん
(女性)
その他

まだこの学校は存続しているのか!

東京山手メディカルセンター附属看護専門学校(看護科)のその他に関するレビュー
2.2
  • 講義・授業2
  • 教員・講師2
  • アクセス・立地3
  • 施設・設備1
  • 国家試験3

良い点:2000年から2年間の学生は、活気がありました。
悪い点:2003年頃より、学生の授業態度が急激に悪くなりました。質問しても、
    「なぜ、答えなければならないのですか?」。第一回目の講義でそのよう    な言動に遭遇し、この学校に何か大きな問題があり、学生が大きなスト    レスを抱えていると思いました。思えば、教員のトップを始めとして、    とても社会人とは思えない感情的で独断的な態度も気になっていまし     た。一言で言うと、「失礼な態度」でした。人格的に問題のある人が看護    教員として、学生を相手に、自分の欠如間を埋め合わせている感がありま    した。教員の作る学校の雰囲気は最低です。玄関を入るとすぐにわかり    ます。古い悪しき看護師の世界を体現している学校です。時代遅れの教    養に欠ける教員の文化、これからの医療を担う、考える看護は学べませんよ。

ゴリ
(男性)
卒業生

裏切らない姿勢

東京山手メディカルセンター附属看護専門学校(看護科)の学校生活に関するレビュー
3.8
  • 講義・授業3
  • 教員・講師3
  • アクセス・立地5
  • 施設・設備3
  • 国家試験5

良い点⇒悩んでる暇がないので気付けば卒業している。教員がおっかないので同期の妙な結束が生まれる。同期の中で嫌われている学生は教員からも嫌われていることが多く、卒業までにいなくなっている。歪んだメンタルの持ち主が多く、社会へ出てからの対人関係に大いに役立つ。

悪い点⇒在学中は常に何かに追われているため気持ちが休まらない。そうは言っても貴重な隙間時間を見付けては、睡眠、趣味、旅行もこなせる。教員や先輩に○○○○がいて困る。ただ、卒後病院組織に入って、院内での意外な○○○○の多さに驚かされることになる。他の学校を卒業してきた看護師を見ていると優秀さに驚かされる。一方で、自分の出た学校でだと看護師になれてないだろうなと思わざるを得ない、見るに耐えない看護師も見付け出してしまう。在学中は憎くてたまらなかった教員のことが今になって理解出来てしまう。ブラックな学校だったことをネタにしてしまい、そんな母校を誇りにさえ思えてしまう…


(女性)
卒業生

相変わらずブラックなんですね、、

東京山手メディカルセンター附属看護専門学校(看護科)の学校生活に関するレビュー
2.2
  • 講義・授業1
  • 教員・講師1
  • アクセス・立地5
  • 施設・設備2
  • 国家試験2

卒業生です。
口コミをみて、10数年前となんら変わらない学校なのだなというのが率直な感想です。

いい点

駅~近い、、くらいじゃないですかね。

悪い点

とにかく、ここは教育の場ではないと感じた3年間でした。

教員が威圧的で、学生を看護師として育てようという熱意よりも、自分たちの価値観で不適合と感じた学生はとことん虐め抜きます。

そして留年、のちに退学と追い込むような学校です。

留年は1回しかできないので、その後筆記試験はパスできても実習で落としにかかります。

体験談をお話しますが、、


1度留年して、私達と同級生になった子がいました。

教員にもきちんと自分の言葉で意見を言う、真っ直ぐな子でした。

しかし、それが教員からしたら、反抗的な態度、看護師不適合とみなされました。


彼女は、もう後はないと、真面目に実習に励みましたが、最終的に三年生最後の実習で落とされ、退学をやむなくされました。
レポートも実習記録も、実習態度も、他の学生と同じようにこなしていました。
いや、むしろ上だったんです。
なのに、なんで、、


出席番号がわたしの前だった彼女。
国家試験当日、わたしの前の席が空席でした。
あれだけ真面目に学業に励んだ彼女を思うと、本当に悔しかった。
あと少しで、夢を叶えられたはずだった。


本当に特殊な価値観のある学校です。
ある意味、ここで乗り越えられた学生はタフな看護師かもね。
ただ、学校在籍中の葛藤は半端ないです。

ただただ、教員に従うしか生きられない。卒業できない、と怯えるような日々でした。


これから受験を考えている方、ちょっと考え直してみたほうがいいです。

ほんとだよ。


看護師
(女性)
その他

卒業後は安泰

東京山手メディカルセンター附属看護専門学校(看護科)のその他に関するレビュー
1.4
  • 講義・授業1
  • 教員・講師1
  • アクセス・立地3
  • 施設・設備1
  • 国家試験1

良い点は、卒業後の就職先は山手メディカルセンターであること。
接遇が悪くてもやっていける数少ない病院です。患者に暴言を吐いたとしても大丈夫です。クレームがきても患者側をクレーマー扱いして看護師を守ってくれるので安心です。
接遇スキルに自信が無ければここ以外に良い選択肢はないです。
悪い点は卒業が難しいとのクチコミが多すぎること。

あすか123
(女性)
卒業生

ここに入ったら人生終わり

東京山手メディカルセンター附属看護専門学校(看護科)の学校生活に関するレビュー
1.0
  • 講義・授業1
  • 教員・講師1
  • アクセス・立地1
  • 施設・設備1
  • 国家試験1

良い点、駅近
悪い点、教員が本当にヤバイ、人間のクズの集まり絶対に入学してはいけません。人生の時間軸をひね曲げられますよ。学校に入って人の8割はここに入らなければ良かったと言っています。これを読んだ貴方はラッキーですね

みりん
(女性)
その他

思い出すと胃が痛くなる

東京山手メディカルセンター附属看護専門学校(看護科)の学校生活に関するレビュー
2.4
  • 講義・授業1
  • 教員・講師1
  • アクセス・立地4
  • 施設・設備3
  • 国家試験3

耐えられなくて一年次に辞めました

本当にこの学校はやめた方がいいです。絶対に看護師になりたいという気持ちがあるならやっていけると思いますが、その強い気持ちがあるならほかのもっとレベルの高い学校へ行ったほうがあなたのためになると思います。


良い点は立地、駅から近いです
これは学校のせいではありませんが、通学路が非常に臭いです。私は吐きそうになる時もありました

実習先が隣にありその点は良いですが、学内の練習用ベッドが少なく、二人か三人でペアになって練習するので数をこなすのは大変です。

また、毎日トイレ、教室、更衣室、などの掃除をさせられますがやらない人も多く、一部の人が地道にやっています(汚いと先輩からの威圧が…)
私はよく掃除をする方だったのですが、私が追試の前に掃除をしていたらそんなことしていないで早く来なさい、と叱られました。試験に受かったひとがやらないから仕方なしにやっていて、なのにやらない人は叱らず、私が叱られる、悔しかったです。

いろいろな方がおっしゃっている通り、上下関係が非常に厳しく気の強い人が多いです。
重要な連絡事項を口頭で人づてに伝えてくるので聞き漏らす、その場にいなかった、なども度々ありました。
時間が無いのに意味の無いチープな親睦会の出し物の練習をしたり、運が悪いと教員の接待の真似事の担当になったりもします。
また図書当番がありましたこれも面倒でした

気に入らない生徒は「なぜ、どうして、」を駆使して尋問をされます
私は担任が非常に苦手でした。なぜかって質問をされても何が知りたいのか、何を聞いているのかがイマイチはっきりしないんです。注意して聞いていても何を聞いているのかさっぱり理解出来ないことがありました。ほかの教員の言葉は理解出来ていたので私の読解力のせいではないと思います。

乱文で申し訳ないです。まだまだ言いたいことはありますが、失礼させていただきます。ここまで読んでいただいてありがとうございました





リサ
(女性)
その他

本当にひどい学校

東京山手メディカルセンター附属看護専門学校(看護科)の学校生活に関するレビュー
1.0
  • 講義・授業1
  • 教員・講師1
  • アクセス・立地1
  • 施設・設備1
  • 国家試験1

良い点
年齢の幅が広いので、いろんな人と関わることができる。
悪い点
退学者が多いのにもかかわらず、なにも対策を講じない。
はっきり言って最低な学校。
ここ数年の学校の体質は極めて酷いです。
昔は良かったのかもしれません。
今はとても悪いです。
教員の人間性を疑うことがよくあります。
他にもたくさん良い学校があるので、そちらを受けるといいです。
本当に受けない方が良いですよ。
人生を壊された人もたくさんいます。

てんこ
(女性)
卒業生

卒業してわかる学校の素晴らしさ

東京山手メディカルセンター附属看護専門学校(看護科)の学校生活に関するレビュー
4.4
  • 講義・授業5
  • 教員・講師4
  • アクセス・立地4
  • 施設・設備4
  • 国家試験5

卒業生です。学生時代は大変でしたよ。少人数制ですからマンツーマン。他の看護学校に行った同級生の話を聞いても、当時そう思いました。だから、途中で挫折する人もいます。でも、卒業して附属病院に就職(系列病院など全国規模の大きさにビックリ)専門医療を経験し結婚後青森に移住し子育てもあり9年のブランクを経て地元の病院で再始動、現在は介護支援専門員、多種介護事業の統括管理をしながら、看護師としても地域医療の現場にいます。
社会に出て、医療(病院・地域)の現場はとても厳しいものです。学生時代に学んだ基礎と心折れずに努力したが自分があったから今の自分が在り、本当に先生方に感謝しています。学生時代の3年間は私の誇りです。学校は本気で看護師を育成しています、卒業生は全国で活躍しています。校歌は看護師として今も私の心の指針です。
看護を目指す方、大変ですけど、頑張って下さい。