国立大学法人 東京医科歯科大学

国立大学法人 東京医科歯科大学

  • 医学部保健衛生学科看護学専攻

知識と技術を精錬し、実践と研究を通して看護のエキスパートを目指す

看護実践能力の高い看護師を養成するため、体験学習を重視し、自己理解を深めながら専門職にふさわしい感性を磨き、コミュニケーション能力の向上を図ります。
臨地実習は、看護技術の到達点を確認しながら学習できる独自の教育システムを用いて、医学部附属病院などの医療施設や地域との連携をもとに、あらゆる健康レベルに対応した看護を展開します。卒業研究は3年次から取り組み、ゼミを通して研究の段階を踏み、研究が実践の質を高めることを体得することができます。
また、日本初の看護系大学院大学として、臨床現場のスタッフと実践・研究のさまざまな側面で連携を図るとともに、卒業生をはじめとするたくさんの人々の生涯学習を支援しています。

■定員
 ・55名(共学)

■学費
 ・入学金:282,000円
 ・授業料:535,800円/年
 ・教科書代等:277,000円
 ・実習用器具代等:65,000円
 ・その他:85,000円等
 ・受験料:17,000円

■倍率(13年)
 ・推薦:3.0倍
 ・一般前期:3.1倍

学校種別 大学
住所 東京都文京区湯島1-5-45
電話番号 03-5803-5096
※お問い合わせの際は「みんなの看護学校」を見ましたとお伝えください。
WEB http://www.tmd.ac.jp/
アクセス JR「御茶ノ水」駅下車

医学部保健衛生学科看護学専攻

学部・学科・専攻名 医学部保健衛生学科看護学専攻
課程種別 大学
修業年限 4年
目指す資格 看護師・保健師

国立大学法人 東京医科歯科大学の口コミ評価

ユーザーの評価2件
4.3
講義・授業
3.5
教員・講師
4.5
アクセス・立地
5.0
施設・設備
4.0
国家試験
4.5

口コミを書く

ニックネーム*
性別* 男性 女性
学部・学科*  について
レビュー内容*  のレビュー
立場*
レビュー見出し*
レビュー詳細* ※口コミは良い点と気になる点の両方を記載してください。
評価* 講義・授業:
教員・講師:
アクセス・立地:
施設・設備:
国家試験:
画像
画像の投稿

※最大5枚までアップロードができます。形式はjpg、またはpng形式のみです。※1画像につき最大500kBまでの画像ファイルをアップロードできます(500kBを超えた画像は自動的に圧縮されます)。※無断で他人の撮影した画像をアップロードすることは著作権侵害にあたります。※人物が移っている写真は必ず本人に掲載許可を取ってください。

※口コミは良い点と気になる点の両方を記載してください。
特定、不特定に関わらず、他のレビュアーに対しての非難・中傷・嘲笑はご遠慮下さい。
またに具体性が乏しかったり、事実関係の確認が困難な非難・中傷・嘲笑も同様です。
当サイトが悪質だと判断した場合は削除する場合もございますのでご注意下さい。
可能な限り、「他の人が読んで参考になること」を心がけ、具体的に記述するようお願い致します。

2件中 1~2件を表示/1ページ目
並び替え

はな
(女性)
卒業生

英語の受験が難しい

国立大学法人 東京医科歯科大学(医学部保健衛生学科看護学専攻)の受験に関するレビュー
4.2
  • 講義・授業4
  • 教員・講師4
  • アクセス・立地5
  • 施設・設備4
  • 国家試験4

こちらの学校の受験に関しては、2次試験で医学部と同様の英語試験があります。長文を読んで300字程度で要約するという設問もあったりするので難しい内容になります。

しかし、基本的にはセンター試験での結果が重要視されるのでまずはそちらを対策したほうがよさそうです。

また面接は、圧迫面接だった子は私も周囲もいませんでした。しっかり自分の意見をもって、なぜ看護師になりたいのか、どういう勉強をしていきたいのかということが

評価されているようです。

リンコ
(女性)
卒業生

100%学生の自主性に任せられていた

国立大学法人 東京医科歯科大学(医学部保健衛生学科看護学専攻)の学校生活に関するレビュー
4.4
  • 講義・授業3
  • 教員・講師5
  • アクセス・立地5
  • 施設・設備4
  • 国家試験5

国立大学ということもあってか、少人数の学生(50人もいない)に対し比率の多い教員数。いろいろな経歴の教員がいて、看護大ではあるけれどいろいろな可能性を感じさせてくれる大学生活だった。その影響もあり同級生も色々な将来展望を抱いていた。
講義は淡々とレジュメを追っていくことが多く、それでいて試験とは無関係なので、試験前の本人の努力と過去問入手ルートを確保しておくことが大事。(過去問は誰かが先輩から入手して全員に配るので心配いらない)
国家試験に関しては完全に本人の努力に任せられている。対策講座など無く、数回外部の模擬試験を教室で受験するのみ・・・と言う感じ。しかし、学生もその辺りのことは自分でできるし、元々そういう学生が集まる大学でもあるので、国家試験に落ちるということはほぼない。
設備に関しては学生数を考えると十分な用意があるといえるが、医学科の設備がとても充実しすぎているので相対的に物足りなく感じていた