新人看護師の具体的な一日の流れ

シェアする

スポンサーサイト
無料パンフ・願書請求で図書カードをもらおう↓

nurse-station

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新人看護師はどのような一日を過ごすのか?

私が所属していた病院は大学病院ですが、そこでの「新人看護師の具体的な一日の流れ」をお伝えしましょう。

看護師の資格を取り、晴れて看護師となって就職してもいきなり患者さんの受け持ちにはならないです。初めは入職式に出て、組織理念などの勉強を数日します。職場導入されるのは4月の2週目あたりからです。

さて、職場導入されたらどうなるのか?次は職場のオリエンテーションを1~2日受けていきます。
病棟の構造や、一週間の流れ、一日の流れ、病棟での決まりごとなどもオリエンテーション内容で受けます。このオリエンテーションにてオリエンテーションしている人(多分、主任看護師かリーダー看護師)は、一年間の新人看護師が一年間で習得を目指す内での看護スキルについての現状を確認していきます。早速、患者さんを受け持ちできるように初めは「血圧測定」「体温測定」「検脈」「呼吸数測定」などだと思います。それに「SPO2(動脈血酸素飽和度)」の測定です。まずはこれらのことが実施出来ればベッドサイドに行き何とか「検温」をできるようになります。

このように看護実技の一つずつを確認してもらいながら行っていくことになります。看護学校での実技試験のようにテスト受けながら実施としてできることが増えていきます。

3週目には患者さんを1~2名から受け持つことになります。

新人看護師が仕事に慣れてくるには6ヶ月あたりになるかと思いますが、個人差があるのは事実です。

その6ヶ月ぐらいになると「学生の時の方が患者さんのベッドサイドにいる時間が多かった、もっと受け持ち患者さんの近くにいたい」というようなことを言っています。

現場のナースと看護学生の違いは「複数の患者さんをチームで受け持つ」ということです。
複数の患者さんを受け持つために当然「優先順位」ということが必要になるのです。

看護学生の時には1人の患者さんに掛かりきっていれば良いのですが、看護を提供するにあたっても、誰から行うか?何故その方から行うのか?ということを考えなくてはなりません。

最近の看護学校では夜間帯の時間の実習を行ったり、夜間帯実習において複数患者受け持ちを体験したりしていますので、全く初めての体験ではないとか思うかもしれませんが現場の看護師としてでは全く厳しさが違うと思ったほうがよいです。

具体的な看護師の1日とは?

では、4月末ぐらいでの新人看護師の一日が始まります。

日勤の時間は病院によって違いがあると思いますが、大体は朝8:00か8:30ぐらいかと思います。
患者さんの朝食を日勤が配食するように勤務を構成するとこのようになります。
夜勤者が配食をする病院では9:00出勤などもあるでしょう。

では、何時に病棟に入るのか?

当然、勤務時間に合わせていると間に合わないことがあります。
勤務時間はその日の受け持ち患者さん達の看護を開始する時間ですので、その日の計画が既に立てられている必要があります。

その為に、計画を立てるには受け持ち患者さんの疾患、病期、背景を知っている必要があります。そして尚且つ、その病気や治療方法を知っていて、今は何が行われているのか、患者の状態(身体と心)はどうなっているのか、などを知っている事。その上で計画を、優先順位をつけて一日の計画を立てます。

従って、新人看護師の中には1時間前から出勤したりしている人もいます。先輩たちも20~30分ぐらい前に出勤していることが多いです。慢性期病棟では患者さんの入れ替わりが少ないのでもっと遅い事もあります。

朝早くからですが、情報収集・計画立案を朝礼前に済ませておかないと患者さんのベッド祭に行く時間が遅くなっていきます。

勤務開始時間と共に朝礼。リーダーが進めていきます。朝礼の内容はその病院によって違いはあるかと思いますが、その日の注意事項や注意が必要な患者さんの情報共有などと伝達事項があったりします。

その後は、それぞれの患者さんのもとにケアをしにナースステーションから散っていきます。

ここから新人看護師は先輩に自分の一日の計画を確認してもらいます。

ここで先輩からOKがでないと永遠にベッドサイドに行くことができなくて、患者さんへケアをすることができません。患者さんから見ればケアを受けられないことになるのです。

計画確認の際は色々なことをチェックされて行きます。患者さんの疾患の知識、ケア時の注意点、何を・どうやって注意して行っていくのか、何のために行うのか、今日の患者さんの検査は何があるのか、どうやって移動するのか、受け持ち患者さんを並行して見ながら優先順位があっているか?時間的には終了していけるのか、誰と一緒に行うのか、などの事をみられます。

新人看護師がベッドサイドに行くのは早くても9:30ぐらいになったりします。

しかし、、、、、勤務時間は始まっているので、この計画確認時間は先輩達が患者さんの対応をしています。

そこから、10:30ぐらいまでに清潔ケアを大体終わらせていきます。ケアを実施して、記録していく。

大体はケア実施をすることに集中してしまい、記録を後回しにしてしまいます。一度ナースステーションを出ると10:30ぐらいまで戻ってきません。先輩と一緒に清潔ケアに入り、自分の受け持ち患者さんだけでなく先輩の受け持ち患者さんのケアも手伝います。

10:30ぐらいまでに清潔ケアを終わらせていくのは、午後は面会時間になるためです。ご家族がいらした時に面会の時間が短くならないようにする配慮です。自力でお風呂に入れる方たちは午後の時間に入浴やシャワーを希望があれば計画します。検査も午後のことが多いです。午前中は検査のための準備があったりします。

ケアの隙間をぬって知識の確認をされ、実施方法の確認をされ、その根拠を確認されます。

患者さんは検査や手術に出入りしているので、家族への対応も必要になっていきます。

11:00すぎから自分達の昼食を交代で入っていきます。大体は1時間の休憩時間があります。

交代している間にも自分の受け持ち患者さんはいるのだから、その間に患者さんに行って欲しいことは他のメンバーに依頼していく必要がありますが、この頃の新人看護師は先輩が一緒に調整してくれることが多いです。

患者さんの昼食が済めば、自分達も大体は昼食が済んでいます。このように先輩がフロアー内を調整しているのです。新人看護師たちが昼食を摂れなかったということがないようにです。

午後は、午前中にできなかったことから始まります。大体は記録ですが、その間も記録に集中できるわけでなくてナースコールへの対応(お話を聞いたり、トイレ介助したり、お散歩についていったり、検査に行ったり・迎えに行ったりなど)、点滴の管理などを行いながらの実施です。

私のいた病院では「3ヶ月ルール」というのがあり、3ヶ月の間は新人看護師には時間外労働をさせないということと、宿題を出さないというのがありましたので、新人看護師たちが時間内に仕事を終えるように朝の計画確認の時点で、勤務時間終了の1時間前には仕事が終わるようにしていました。そこから一日の振り返りをします。

大変な仕事だが感謝される仕事でもある

文字で起こすと、そんなもんかぁっと思えますが、実際に始めて行うことでなれるまでは大変な苦労があると思います。緊張が普段の自分の力を発揮するのを妨げているように感じるでしょう。

実力が発揮できない。これは新人看護師にとってだけでなく誰にでも辛いことだと思います。もっと色んな事が出来るのに、もっと勉強してきたのに、など感じることがあります。勤務終了後の振り返りで気づいたりしていきます。

先輩看護師にお願いすることが多くて、先輩から思ってもみなかったような言葉を受けるときもあります。泣きながら帰ることもあります。

けれども、患者さんが救いになることが多々あります。
患者さんから「看護師さん!」と呼ばれるようになる。自分が笑顔で振り向けば笑顔が見られる。
患者さん達は見ています。「今日も絞られていたね」と声をかけてくれる人もいます。
「頑張ってね」と言ってくださる方もいます。
苦労した計画だけど、先輩と調整をして行ったもので患者さんに「ありがとう」を言われます。
私はトイレにこもった事があります。悔しかったり、情けなかったり、よく泣きました。
自分のことで泣けるのも新人看護師時代が一番多いでしょう。

けれども、経験を積むって素晴らしいことです。一人前の看護師になっていく過程なのですから。

看護師になりたい。そのように言ってくださる方が増えているようです。この超少子高齢化の時代にです。
新人看護師の一日は、夢のある一日に見えないかもしれないです。けれど、この中に夢を叶えた充実感を得るには、まず自分は何故看護師になりたいのかをしっかり持っていることが必要です。

知識も技術も、チームでの自分の人間関係も、すべて自分の夢であった看護師という役割を行うのに必要なものですから、、、、

世間で言われる「大変な仕事」は、患者さんから感謝される仕事でもあるのです。

これを読んでくださっている貴方が、「いつかこんな日が来るんだ」っと思い、実際の新人看護師を想像しながら、今から準備できることを願います。

鈴本 鈴

看護学校の資料請求なら、スタディサプリ進路がおすすめ

満足いく学校選びに大切なことは、なるべく多くの学校を比較検討すること!
同じように見えがちですが、雰囲気や、先生と生徒の距離などひとつひとつの看護学校には個性があります。
看護師になるための第一歩を満足いくものにするためには、自分に合っている学校かどうかをしっかり比較検討することがコツです。まずは、少しでも興味のある学校は資料請求してみましょう。オープンキャンパスよりも気軽なので、選択肢が広がりますよ。
運命の看護学校に出会えるかもしれません。しかも今なら無料の資料請求7校で500円分の図書カードを全員にプレゼント!

↓スタディサプリ進路で資料請求する↓

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
鈴本 鈴
准看護師資格取得後、大学附属看護学校へ進学。 都内大学病院へ就職する。 25年勤務していく中で、手術室、ICU、救命救急、脳外科、消化器外科、呼吸器外科、心臓血管外科、歯科口腔外科の診療科を経験。 勤務していく中で「働く看護師の精神的ケア」が必要と感じ、心理相談員の資格取得。 現場看護を行いながら、院内教育への参画。企画・実施・評価に携わり、看護研究での研修講師を担当する。 現場での看護師の教育に関わる中で、看護師同士の人間関係に悩み退職をしていく仲間達を支えていく中で院内からのアプローチには限界があると、実際の体験から学び、院外からのアプローチをするために退職。 現場の看護師が人間関係に悩むことなく、自分自身を持ち、軸を立てながら看護師を続けていけるための「生きやすさ」を見つけていくためのセミナーや志塾などの開設をしている。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする