国際医療福祉大学(成田キャンパス)ー平成28年度設置計画履行状況等調査結果

シェアする

スポンサーサイト
無料パンフ・願書請求で図書カードをもらおう↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『私立 国際医療福祉大学(成田キャンパス)』
~平成28年度設置計画履行状況等調査結果~

看護学校進学セカンドオピニオンの森田よしあきです。

『私立 国際医療福祉大学(成田キャンパス)』の「平成28年度 設置計画履行状況等調査」の調査結果です。

大学名: 私立 国際医療福祉大学(成田キャンパス)

開設年度:平成28年度

学生定員:100名/学年
学生総数:108名(平成28年5月1日現在)

意見等の種類:改善意見(5項目 ※看護学部に関するもののみ)

【改善意見】
「専門基礎科目」のうち、配当年次を複数年設定している科目があるが、早期(1、2年次)に修得すべき内容の科目や、順序性が担保できていない科目が見受けられる。また、既に配布されている履修モデルと授業科目の一覧の配当年次に不整合も見受けられる。科目の体系性を考慮した配当年次を設定するとともに、正しい履修モデルの提示や履修指導により、効果的な教育課程が履修できるよう工夫すること。
(「平成28年度 設置計画履行状況等調査意見」より)

【改善意見】
担当科目数が著しく多い専任教員がいることから、教員の専門性と科目内容の整合性に留意しつつ、負担が偏らないようすること。また、オムニバス科目は各担当教員の専門性を踏まえたうえで、各専門領域を十分に教授できるように検証し、充実することが望ましい。
(「平成28年度 設置計画履行状況等調査意見」より)

【改善意見】
保健師課程を履修できる学生の選抜方法や選抜基準が曖昧であり、必要な情報が適切に周知されていないため、学生に不利益が生じる可能性がある。選抜方法や基準を早期に確定し、選抜方法や前提科目の履修など要件を周知するとともに、適切な履修指導を行うこと。
(「平成28年度 設置計画履行状況等調査意見」より)

【改善意見】
届出時においては、1年次の実習科目から実習助手を配置する計画が示されているが、調査時点においては、実習助手が配置されていない状況である。学年進行に応じて臨地実習の対象学生数や対象機関が増えることを踏まえ、実習助手の確保は重要となる。報告書に示された要件を満たした実習助手の確保を図るとともに、担当教員との連携やFDへの参加等により実習助手の能力向上に努め、当初計画に基づく実習指導体制を担保すること。
(「平成28年度 設置計画履行状況等調査意見」より)

【改善意見】
成田看護学部看護学科において、定年規程に定める退職年齢を超える専任教員数の割合が比較的高いことから、定年規程の趣旨を踏まえた適切な運用に努めるとともに、教員組織編制の将来構想について検討すること。
(「平成28年度 設置計画履行状況等調査意見」より)

【解説】

平成28年4月に看護学科が開設しました。

科目の配当年次や教員の担当科目数、保健師課程の選抜方法と基準、実習助手の配置と計画、教員の年齢の高さなど、比較的多くのことを指摘されています。

定員超過???

この「青森中央学院大学」は平成26年に開設しているので現在で3年目です。1学年の定員が80名なので3学年までの定員は240名ですが、在籍数は273名です。定員充足率は約114%です。(平成28年5月1日現在)
一般的には定員充足率が110%くらいの大学が多いのでこの大学は少しだけ定員超過ということになるでしょう。学生が多いということは人気があるのかもしれませんが、基本的に学生定員数分の施設・設備で運営するのが前提で準備してあるのであまり学生数多いと演習などで使う機器や器具などで混乱があるかもしれません。

受験・入学を検討している方は上記のようなことも念頭においてオープンキャンパスや説明会に参加した方がいいかもしれませんね。

私立 国際医療福祉大学(成田キャンパス)
http://narita.iuhw.ac.jp/index.html

私立 国際医療福祉大学(成田キャンパス)の口コミ情報はこちら
https://mkango.jp/detail.php?shid=800060


このブログではこれから看護師を目指す方からの質問や相談を受け付けています。

ブログにコメントをいただくかたちでも構いませんし、みんなの看護学校の問い合わせページからお問い合わせをいただいても構いません。

みなさまからのご質問お待ちしております。

ライター募集

当サイトでは記事を投稿してくれるライターを募集しています。
詳しくはライター募集ページをご覧下さい。

The following two tabs change content below.
森田 よしあき

森田 よしあき

代表取締役/キャリアコンサルタント(国家資格)株式会社ミライブリッジ
1973年東京生まれ。『看護学校進学セカンドオピニオン』 大学卒業後の約7年間はIT業界にてウェブサイトやウェブサービス等の企画提案に従事。その後ちょっとした縁から看護学校の立ち上げに参画する。約8年間の看護学校勤務を経験した後、『看護師になりたい人と、看護師を育てたい人を支援する』ために株式会社ミライブリッジを創業。 看護学校進学セカンドオピニオンとして、高校の進路指導の先生や、予備校講師、看護学校の教職員、現場の看護師とは違う視点から看護師になりたい人を支援しひとりでも多くの看護師が養成されることを本気で願っている。 【主な資格】「キャリアコンサルタント(国家資格)」 「NPO生涯学習認定キャリアコンサルタント」 「進路アドバイザー検定合格認定(大学新聞社)」 アンガーマネジメントファシリテーター アンガーマネジメントアドバイザー 「ジョブ・カードアドバイザー」
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする