大卒看護師が多いほど、患者死亡率が低い? 高学歴看護師が増えるわけ【dot.より】

シェアする

スポンサーサイト
無料パンフ・願書請求で図書カードをもらおう↓

minkan_fbplofile

スポンサーリンク
スポンサーリンク

看護大学ならどこでもいいのか?

こんにちは、看護学校進学セカンドオピニオンの森田よしあきです。
朝日新聞出版社が運営してるニュース・情報サイト「dot.(ドット)」に「大卒看護師が多いほど、患者死亡率が低い? 高学歴看護師が増えるわけ」という記事が掲載されていました。
記事では

「ここ数年看護師が高学歴化しており、これまでは専門学校や短大卒の看護師が主流だったが2014年の看護師国家試験の合格者に占める大卒者の割合は約30%にのぼり、この10年で約2倍になった。大学では看護系学部の新設が相次いでおり、今後さらに多くの大卒看護師が登場する見込みだ。」

と書いており。大学で学ぶ意義を聖路加国際大学の菱沼典子教授は

「看護師は医師の補助係ではありません。看護師と医師の役割は異なります。医師や看護師、薬剤師や理学療法士など各分野のエキスパートたちがチームを組んで医療にあたるうえで、看護師には患者主体で考え、関係各所をつなぐ役割が期待されます。いわば、チーム医療の要といえる存在なのです」

「現場でリーダーシップを取れる看護師には、医師や薬剤師と対等にやりとりできるだけの知識と教養を身につけてほしい。大学教育はもちろんのこと、大学院まで進んで6年教育を受け、医師と対等の関係を築く看護師像も求められているのです」

と仰っています。

確かに医師と看護師は役割が違いますし、現場でリーダーシップを取れる看護師に知識と教養は必要だと思います。

また、東京大学医科学研究所の上昌広特任教授は、

看護師の高学歴化は、医療の質を引き上げ、患者の死亡率を下げることにつながる。

「ヨーロッパ9カ国の300病院と42万人以上の患者のデータから、病院に大卒またはそれ以上の学歴のナースの割合が多いほど、外科患者の入院後30日以内の死亡率が低い、という研究報告があります」

ということも仰っています。
これも実際にそうなんでしょう。

全国的に足りない看護教員

ただ私が言いたいのは、看護師の高学歴化で看護師を目指すなら大学に行けばいい、と何も考えずに思わせてしまうことです。
現在看護大学は、全国で249校(平成27年4月現在)あり、10年前の2倍以上の数となっています。
この急激な大学の設置数に対し教員の供給が追いついていない、という事実をどのくらいの人が知っているのでしょうか?

実は現在、看護大学、看護専門学校ともに教員の質と数が大きな課題となっています。
本年4月には日本看護系大学協議会から自民党に要望書を提出しています。
http://www.janpu.or.jp/wp/wp-content/uploads/2015/04/H270417FormalRuq.pdf

確かに社会的看護師不足からくる需要や地域の要請はあるから設置しているのでしょうが、自分たちで大学を作っておいて教員が足りないから何とかしてくれ、というのは個人的にはいかがなものか?と思ってしまいます。

もちろんこれは看護大学だからという話ではなく、看護専門学校にも言えることです。

これから起こるであろう看護基礎教育の問題

私としてはこの現状がかえって看護基礎教育の質の低下に拍車をかけているのではないか?
まだ表には出ていないが数年後に教育の質の低下が顕在化され問題になるのではないかと思っています。

理由は、

①急激に看護学校を開設した結果、10年前であれば看護教員になれなかった人でも教員になれる時代になっている
②現在の看護教員は臨床も、教育も研究実績もある経験豊富なベテランが多いが、今後数年でそういった教員が減り、経験の浅い教員が中心となる

からです。

既に学校間で指導方法や教育体制に差が出始めています。
例えば看護基礎教育では非常に重要な臨地実習の指導に関して

A大学は学生5名のグループに教員が2名つく
B大学は教員を派遣会社に委託している

というケースもあったりします。

なので一概に看護師を目指すなら看護大学と決め付けず、看護専門学校でも非常に良い教育をしている学校もあるということを理解し、自分にとってどの学校に進学することが一番なのか、よく考えてから進学先を決めてもらいたいと思います。

引用元 朝日新聞出版社 dot. 
大卒看護師が多いほど、患者死亡率が低い? 高学歴看護師が増えるわけ より

The following two tabs change content below.
森田 よしあき

森田 よしあき

代表取締役/キャリアコンサルタント(国家資格)株式会社ミライブリッジ
1973年東京生まれ。『看護学校進学セカンドオピニオン』 大学卒業後の約7年間はIT業界にてウェブサイトやウェブサービス等の企画提案に従事。その後ちょっとした縁から看護学校の立ち上げに参画する。約8年間の看護学校勤務を経験した後、『看護師になりたい人と、看護師を育てたい人を支援する』ために株式会社ミライブリッジを創業。 看護学校進学セカンドオピニオンとして、高校の進路指導の先生や、予備校講師、看護学校の教職員、現場の看護師とは違う視点から看護師になりたい人を支援しひとりでも多くの看護師が養成されることを本気で願っている。 【主な資格】「キャリアコンサルタント(国家資格)」 「NPO生涯学習認定キャリアコンサルタント」 「進路アドバイザー検定合格認定(大学新聞社)」 アンガーマネジメントファシリテーター アンガーマネジメントアドバイザー 「ジョブ・カードアドバイザー」
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする